色々なビタミンの種類【ビタミンC+P編】

こんにちは!

ビタミンにも色々な種類がりご紹介してきました!

ビタミンCやB、A、E以外にもPというビタミンがあって

あんまりピンっと来ない方も多いかもしれませんが私はこのビタミンPの

サプリメントを毎日摂取しています。

今回はビタミンPについてご紹介していきますね!

あまり知られていないビタミンPとは??

ある日知人の方からビタミンのサプリメントを頂きました!

私はビタミンCだと思っていたのですがよく見てみると『ビタミンC+P』

って書いてあり『Pってなんだろう?』っと思いサプリメントを貰った本人に

ビタミンPについて教えてもらいました。

まずビタミンには13種類程の種類があるんです。

例えばビタミンA、C、E、K、D、8種類が集まったビタミンB群がビタミン全般の種類なんですが、ややこしいのですがその中でビタミンと疑似している成分が約10種類存在しています。

このビタミンに似ている成分は13種類のビタミンと少し違いがあり仲間になれていない

ビタミン関連化合物という成分があります。

このビタミンと疑似しているビタミン関連化合物は10種類存在しており

その10種類の中にビタミンPという成分も仲間に振り分けられています。

他の成分はビタミンU、カルニチン、ビタミン¹³、ビタミンF、イノシトール、ユビキノン

などがビタミンとほぼ同じ効能を持っている関連化合物になります。

ビタミンPとはビタミンCとは似ていますが関連化合物であり

ビタミンのいとこ分のような成分だそうですよ!

ビタミンC+Pを合わせれば効果も2倍?!

ビタミンCとのイトコ分にあたるビタミンP関連化合物であっても

ほぼ同じ成分、同じ食材などからとれることも多い成分なんです。

例えばミカンやレモンの皮や繊維、筋などにもビタミンCなどと同様に

ビタミンPは豊富に含まれています。

最近では私も貰った市販のサプリメントにもビタミンC+P配合のサプリメントが

ありますので、サプリでビタミンPを取るのも1つの手だと思います!

またビタミンPには毛細血管の働きを改善、強化してくれる効能もあるそうで

ビタミンCと同時に取ると皮膚細胞の復活+血管も強化されてお肌トラブルも改善されますし

新陳代謝も改善されてお肌のハリや潤い、老化予防にもダブルで効果があるんです

なのでビタミンCだけ取っている方がいらっしゃるのなら、ビタミンPも同時に摂取

した方が効能も2倍になりますし、血行障害からくる大きな病気

(動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、脳卒中、心臓病などの生活習慣病)の予防対策にもなり

健康維持にも老化予防にも効果が絶大だと思います!

食材の中からビタミンC+Pを摂取する方法!

ビタミンCは大体どの食材に入っているか大体分かる方が多いと思います。

ですがビタミン関連化合物であるビタミンPはどこに存在しているか分からない方も

多いとおもうので、サプリメントで摂取する方法以外にどの食材に入っているのか

いくつかご紹介しておきますね!

まずはみかんやレモンの皮や筋に多く含まれています。

ですがみかんやレモンの皮は苦みがあり、できれば食べたくないですよね!?

みかんの場合は皮を剥いた時にでてくる白い筋を取らずに食べるだけで

ビタミンCとビタミンPを同時に摂取できちゃいますよ!

あとはサクランボやあんずにもビタミンCとビタミンPが同時に摂取できます。

そば粉の中にもビタミンPは豊富に含まれています。

(私は母親と同様にそばアレルギーなので食べれませんが・・)

ビタミン関連化合物はほぼビタミン全般の成分と同じ効能がありますので

免疫力もUPに期待ができますし、お肌トラブルの改善、予防にもなり

美肌、美髪、美爪へと導いてくれます。

お肌ケアをしっかりと行いたい方はビタミンPも同時に摂取して美意識を

高めちゃいましょう!

今回はこのへんで!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする