色んなビタミンの種類【ビタミンB群、B¹編】

元気がない時、ダイエットにはビタミンB群が吉!

毎日、毎日の仕事や家事などに追われて疲労などたまっていませんか?

なんとなく元気がでない、身体がだる重いなどの方にもビタミンBは必要不可欠なんです!

人間には大切な三大栄養素という3つの栄養素があります。

タンパク質、脂肪、炭水化物が三大要素の身体に大事な栄養素になっています。

そのなかで身体のエネルギー源になるものは炭水化物や脂肪がエネルギーになり

身体の皮膚や体内の細胞達を作ってくれるのがタンパク質なんです。

この炭水化物はお砂糖や小麦、ジャガイモなどの糖分がある食材は全て炭水化物になります。

そしてこの炭水化物はビタミンB¹があって初めてエネルギーとなってくれるんです。

ビタミンB¹がない状態が続くと炭水化物はきちんとエネルギーとして働いてくれず

溜まりに溜まって脂肪へと変わってしまいます。

よく脂っこい物を取らないようにダイエットしている方がいますが

炭水化物は色んな食材に含まれているので脂っこい物を我慢しても意味がないんです。

炭水化物はきちんと燃焼されなければどんどん体内で溜まっていき、脂肪へと変わっていってしまうのが事実なんです!!

ビタミンB¹を取って脂肪を追い出しちゃいましょう!

炭水化物を脂肪にかえさせないためにはビタミンB¹をしっかり摂取するのが吉です!

また、炭水化物も大事な三大栄養素なのでまったく摂取しないのも身体が悪くなってしまうので、適度に炭水化物もとって適度に運動をして身体のエネルギーになるように心がけましょう

ですが逆に精米された白米を毎日食べて、デザートもお砂糖がたっぷり使用されている

ケーキやクッキーなどのお菓子を食べてジュースも飲んだりなどの食生活をしていると

エネルギーに変わるために必要なビタミンB¹も減少していってしまいます。

炭水化物がエネルギーに変わっていても余分な糖分は溜まっていき、血行が悪くなって手足がしびれたり、パンパンにむくんでしまったりしてしまいます。

ビタミンB¹不足になると疲れやすくなったり、食欲も減少してしまい、寝不足気味や

クマができやすくなったり、全身むくんできますので血色も悪くなっていき顔色も悪くなってしまったりしてしまうんです。

中には、胃腸炎などになりやすくなってしまったりする可能性も十分にあります。

また肝臓が働く時などにもビタミンB¹が多く消費されてしまうので仕事などで

接待続きや外食ばかりのかたは、人並よりも多めにビタミンB¹を摂取した方がいいですよ!

ビタミンB¹をしっかり摂取するには食事を見直そう!

ビタミンB¹は疲れやすい方、肥満気味の方に効果が期待できるビタミンです。

サプリメントでビタミンB¹を摂取して栄養を補うのもいいと思います。

ですが1番健康的に摂取するのはやっぱり食事を見直して自炊をする事です!

自炊をする時もご飯は白米ではなく雑穀米や玄米など糖分が少ない物を選びましょう!

また個人的にオススメなのが胚芽(はいが)パンがビタミン強化にもなり健康にいいですよ。

ランチなどにする際は胚芽パンでサンドイッチにするのも普通のサンドイッチよりも

ワンランク上なサンドイッチな見栄えにもなりますしオススメですよ!

胚芽パン以外にも胚芽米もちゃんとあります。

胚芽米を炊くときの注意点なのですが胚芽は米とぎの際にしっかりといでしまうと

大事なビタミン・ミネラルなどの栄養分が流水によって流れ落ちてしまうので

優しく軽くとぐくらいで十分おいしい胚芽米が炊き上がります!!

またあんまり胚芽パンを知らない方も多いかと思いますがパンコーナーの端っこや

スナックパンコーナーなどに以外にほとんどのスーパーには並べられています!

存在が薄めの胚芽パンですが栄養価が高く糖質も低いので是非手に取って食べてみて下さい。

ビタミンB¹が今回はメインでしたが違うビタミンB群の効能もご紹介していきますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする