色んなビタミンの種類【ビタミンA、C編】

こんにちは!

ビタミンにも様々な種類があって

その種類によって体のどこに効果があるのか違いがあります!

今回はビタミンAとビタミンCの美容効果についてです!!

ビタミンAは目の疲れに効果的!

目がショボショボしたり、周りがかすんで見えたり、薄暗い所で文字を見ると

見えにくかったりしている方はビタミンAが不足しがちなのかもしれません。



目の網膜には光の強弱を調整する細胞組織があり、ロドプシンという物質が

見える光などを受け止めているんですが、そのロドプシンがビタミンAなんです。

身体のビタミンAが減っていると目の細胞組織のロドプシンも減少している状態

なので明るい所から暗い所に行く時に目が中々慣れない方や

暗い所から明るい場所にいくとショボショボする方などは

ビタミンAを摂取することをおすすめします!

ビタミンAは他にも効果があります!

目の見えにくさの改善以外にも器官や耳や鼻などの粘膜、消化器官などにも

粘膜を作る手助けをしてくれます。

また乾燥対策に効果的で、ドライアイや髪のパサつきなども改善へ導いてくれます。

風邪や消化器官や腸内などの環境が不調になっていると血行が悪くなり、

お肌へきちんと栄養が流れなくなり、お肌の乾燥の原因や吹き出物、お肌のパリつき

などの悪い症状が出てきてしまいます。

おとなニキビは下手し潰れてしまったり刺激を与えてしまうと

メラニン色素が生まれてしまいシミの原因にもなります。

そこでビタミンAを摂取するとお肌の乾燥対策にもなりますし

吹き出物などの大人ニキビも改善してくれます。

乾燥や吹き出物がこれからでない様にお肌を労わるにはビタミンAが必要不可欠です!

ビタミンCとコラーゲンの融合は最強!

ビタミンCだけですとシミやそばかす予防対策にはすごく効果的な成分です。

ですが最近色んな化粧品にコラーゲン配合の化粧水や乳液、美容液が多いですよね!

それ何故かといいますとコラーゲンとビタミンCの相性が抜群に良いんです!

コラーゲンは高たんぱく成分で体の細胞と細胞をつなぐ接着剤の様な存在なんです。

コラーゲンは年々減少していきますが、減少すると皮膚全体の層の厚みがなくなっていき

ハリや潤いもなくなってしまいシワが出るようになります。

シワができないようにするには皮膚全体の層の厚みを維持することが大切なんです。

そこで登場するのがビタミンCさん。

ビタミンCはたっぷり摂取しても蒸発しやすい成分なのでコラーゲンと一緒に

混ぜると保湿もできビタミンをお肌にも閉じ込めれますし一石二鳥なんです!!

中からも外からもビタミン摂取しましょう!

コラーゲン入りのビタミン化粧水や乳液、美容液、クリームなどがおすすめ!

クリームなどには直接ビタミンCと書いてるものも少ないですが違う名称で

裏のラベルなどに書かれている場合も十分にあるんです。

ビタミンCはアスコルビン酸という別名称があります。

なのでラベルにはアスコルビン酸ジパルミテートや

アスコルビン酸リン酸エステルマグネシウムと表記されている場合が多くあります。

なので化粧水や美容液、保湿クリームなどの化粧品関係を使う時は

アスコルビン酸3Naなどが入っている物を選ぶのがおすすめですよ♪

お肌の改善もできコラーゲンも摂取できる保湿クリームはお肌から

染みわたるように浸透感がありお肌に必要な美容成分を閉じ込めてくれます!

健康な肌の方は自然な皮膚の皮脂膜が保湿効果があるので何もしなくても大丈夫ですが

エアコンなどの乾燥している環境に毎日居てる方や、腸内環境が悪い方などは

コラーゲン入りのビタミンクリームなどを使ってお肌の乾燥を防ぎましょう!

注意してほしいのは洗顔をやりすぎない事!

1日に何回も洗顔をしてしまうとかえって皮脂膜を落としてしまい乾燥肌に

なっていってしまいますので1日1回の洗顔と保湿クリームで十分です。

皆さんも一緒に美肌・美髪・美爪をめざしましょう!

今回はこのへんで。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする