頭痛・腰痛・腹痛は生姜で治る!

生姜で肩こりは治ります。

寒いこの季節は身体が良く冷えてしまいますよね。

肩こりの1番の原因は首から肩にかけて筋肉の血行が悪くなっているため

肩が凝っていたくなるんです。

なので首から肩にかけて筋肉の芯まで温めてほぐすのが効果的です。

身体を温めてくれる効果がある食材は生姜です。

生姜は発汗作用があるので生姜を毎日摂取すれば身体も温まり

肩から首も含めて血液の循環も良くなり肩こりも次第にほぐれていきます。

また生姜には鎮痛作用もあります。

ここで肩こりに1番効く生姜の使い方をご紹介します!

生姜湿布をつくりましょう!

生姜湿布って聞いてもピンとこない方も多いかと思います。

家庭医療の1つとして覚えておけば何かあった時に役に立つと思います!

生姜湿布の効果は腰痛・肩こり・月経痛・筋肉痛・のどの痛み・その他臓器の痛み

などの痛い場所に生姜湿布を当てると温まっていき症状が軽減されていきますよ!

ただお肌が弱い方には刺激が強すぎて赤くなったり、ヒリヒリしたりする可能性も

十分にあるので使用する前にかぶれたりしないか手など他の場所でテストしてから

大丈夫そうなら生姜湿布を使って見てください!

これからその生姜湿布の作り方を書いていきますネ!

生姜湿布の作り方!

まず水でしっかり洗った根生姜を皮付きのまますりおろしていきます!

お茶パックなどの木綿の袋に入れて中身が出ないようにしっかりゴムなどで止める。

鍋にパックにいれた生姜がつかる程度に水を加えて加熱し生姜を温めます。

温まったらお湯にタオルを浸し生姜エキスをしっかり染み込ませます。

痛みがある部分にビニールを当てその上からタオルを当て温めていきます!

タオルが冷えてきたら再び鍋にタオルを入れ生姜エキスを染み込ませて

また痛む部分に当て温めていきます。

この行為を何回か繰り返して温めていくと症状が和らいでいきます!

また何回も当てているとそこから全身も温まっていきポカポカして気持ちいですよ!

この生姜湿布をしたあとにお風呂などはヒリヒリするときもありますので

出来れば寝る前などにゆっくり当ててから寝るのがリラックスもできてオススメです。

生姜湿布が体に合わなかった人は次にご紹介する方法で痛みを和らげましょう!

生姜ドリンクを作りましょう!

生姜湯が1番簡単でオススメです!!

コップ一杯分の熱湯にすりおろした生姜とハチミツを加えるだけです。

いたってシンプルですが肩こりや頭痛、腰痛などの痛み全般に効果があります。

また高麗人参があれば生姜と同じようにすりおろして飲むと効き目もアップします。

生姜の抗菌作用と鎮痛作用で痛みを和らげてくれます!

そしてハチミツは疲労回復にも効果がりビタミンも含まれていて栄養価もばっちりです。

またここに高麗人参を入れることで免疫力のアップも期待できますし、喉も潤います。

食欲がない時や便秘気味や二日酔いにも効き目があります。

またノンカフェインなので寝る前などに飲んでも安眠できると思います!

あと個人的に大好きな飲み方を紹介します!

生姜シナモン紅茶です!!!

作り方は市販の紅茶パックでも無糖のストレートティでも構いません。

紅茶にすりおろした生姜とシナモンを少々加えるだけ簡単に作れます!

シナモンの香りは甘くていい匂いで気分も安らぎます。

またシナモンは月経痛などの女性特有の痛みを和らげてくれる効果があります。

胃腸なども温め腰痛や頭痛、生理前のPMS症候群のイライラも抑えてくれます。

他にもめまい・吐き気・耳鳴り・目の疲れにも効き目がありますよ!

私はイライラしたり頭痛が出る時はいつも生姜シナモンティーを飲んで

気分を落ち着かせています。

温かい飲み物は身体の芯まで温めてくれるので色んな飲み方を覚えて

毎日飲むのがいいと私は思っています。

今回はこのあたりで。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする