これが本当の正しい健康方法です!

正しい生活習慣の改善方法!

最近ではメディアや雑誌などにも色んな情報がのってあります。

報が溢れかえっている分間違った情報も多いのは本当です。

アトピーや花粉症、喘息を治したいという方は毎日健康な食事、

腹式呼吸などの深呼吸、8時間程度の睡眠で体を休ます事を行っていけば

症状は個人差でスピードは異なりますが確実に改善へ導いてくれます!

私もそうなんですが、毎日健康な生活習慣をして肌荒れも防ぎ長生きしたいもんです!

ですが色んな情報が近年では多く全部鵜呑みに行ってしまうと

間違った行いもあり全然改善されない情報もおおく拡散されています。

また新しい情報など出てくると新しい物に惹かれてしまい何が1番効果があるのか

見極めも難しいのが今の現実です。

口呼吸は本当に体に悪いことなの?

こう思う方も少なくはないと思います。

口呼吸をすると外からのウィルスが侵入しやすいため様々なことが起こります。

のどからの炎症、いわゆる気管支炎などの風邪にかかりやすくなります。

口呼吸を続けると顔の筋肉の低下の原因にもなりますので顔の歪みや歯の変形

口角のずれなども起こり睡眠時の歯ぎしりやいびきなどの原因にもなります。

また睡眠時に無意識に呼吸をしていると無呼吸症候群にもなり

命の危険性も増えていきます。

鼻呼吸の効果で様々な事が改善されます!

口呼吸と比べて鼻呼吸にすれば免疫力も上がります!鼻の中はウィルスや細菌を

除去し外へ追いやってくれますし、鼻呼吸にすれば顔の筋肉も使われ顔の歪みも改善され

歯の左右のバランスもよくなっていきます。

また鼻呼吸にすると鼻の中は呼吸粘膜で覆われていますから酸素を吸った時に

脳や臓器などがすっきりした気分にもなります。

しかし口呼吸になってしまう方は無意識になってしまっている方が多いのです。

なので最初は意識しながら鼻呼吸にしていきましょう!

ですが鼻呼吸を意識しすぎてうまく十分に酸素を取り入れれなく酸素不足や

酸欠状態になり頭痛やめまいなどが起こる場合があります。

そんな時は無理はせずにゆっくり酸素を沢山とれるように徐々にならしていきましょう!

身体に冷たい飲み物はNG!

現代の生活環境は昭和時代や明治時代の時と比べれば今の平成時代は

すごく画期的に進化した文明になっているんだろうなと思います。

私は平成生まれですが親と歳が40歳以上も離れているので育てられ方は

ほぼ昭和の育てられ方なので平成の同級生と話があまり合わないので

同級生からは同い年でも姉さんやお嬢と年上呼ばわりされていまして・・・

それくらい昭和の考えよりです。複雑ですが・・(笑)

今はエアコンでもすぐ効くものが多いですよね。

暑い夏は瞬間で冷房が効いたり、最近では色んな美味しいアイスクリームも

沢山発売されていますよね!!何がオススメなのかわかりません。。。(笑)

私はずっとチューペットやかき氷のみぞれ味を良く食べてたので・・。

暑い日に毎日クーラーの所で1日中すごしたり

冷たいものばかり好んで摂取していると身体はどんどん冷えていきます。

運動したあ後やお風呂で半身浴した後など冷たい飲み物が飲みたくなりますが

暑い時に冷えた飲み物を飲むと一時的にのどの渇きも落ち着き爽快感もあります。

ですが冷たいものばかりだと身体への負担は大きくなります。

暑い日でも常温の飲み物、または温かい飲み物を飲みましょう。

暑い国の方でも冷たい物は好まない!!

皆さんしっていましたか???

驚く方も多いと思いますがアラブやトルコなど暑い国の方は冷えた物は

あまり好んで飲まない方が多いんです!

身体より冷たいものを体内に入れると外気温が高い国では体力を余計に消耗してしまい

死に至ることもあると言われているからなんです。

昔の日本も冷たい飲み物飲んだらお腹を壊す!などお祖母ちゃんやお爺ちゃんから

聞いたことも多いんではないでしょうか??

昔の日本もお腹を壊すといって暑い日でも温かいお茶などを良く飲んでいました。

現代の日本はデパートやスーパー服屋さんなどにいっても

冷房が効きまくって寒いくらいの場所も多いです。

身体が冷え切ってしまう原因が今の現代にはいっぱいあります。

なので飲み物は温かい飲み物を意識して飲むのが健康維持の改善にもなります。

また次回詳しく続きをかいていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする