肉類&魚介類の栄養分

 
今回は前回の続きをわかりやすく説明するよー!

お肉類の栄養分について!

豚肉はビタミンB1さがとっても豊富なんです!!

鶏ささみやヒレ肉は低脂肪でダイエットにもオススメ食材です♪

動物性タンパク質は体の血液や筋肉作ってくれる大切なエネルギー源です。
動物の種類によって栄養素はそれぞれ違います。
豚肉に含まれているビタミンB1は牛肉の10倍以上といわれています。
 
じゃあ豚肉がいちばんいいの?って思った方!!
ご安心を!牛肉は鶏肉もそれぞれの良さがあります
 
牛肉の赤身部分やトリ肉には女性には嬉しい鉄分が多く含まれています。
また部位によっても栄養素の含有量は少しずつ違います。
ヒレやささみは高たんぱく、低脂肪でダイエット食にもむきます。
わたしも運動しながらささみを食べてダイエットしていました♪
 
料理によってささみのパサパサ感をなくしやわらかく
食べやすい料理などもいっぱいあります♪ 
近いうちにこのブログでも書いていく予定です。
ですがやっぱり美味しいロース肉やバラ肉がたべたいですよねw
ですが脂肪が多めです。。

肝臓部分のレバーは代表的な栄養分の鉄分以外にも

ビタミンA、ビタミンB2なども豊富に含んでます!
そういえば皆さん熟成肉はご存知ですか?
主は数回ほど食べたことあります。
 個人的な感想ではうまみと風味の塊って感じでした♪w
 
 熟成って名前が美味しそう!!
でもよくわからない方のためにお教えします
お肉を長期期間保存すると酵素の作用で肉の中が自己消化し柔らかくなって
うまみ成分のアミノ酸などが増えて味もよく風味もよくなるんです。
これが熟成です。
熟成期間が長いほどうま味も風味も増します。
 
家で試してみたいなって思っている方!!
残念ですがスーパーなどで手に入る肉はすでに熟成を終えたものなので
長期保存はやめたほうがいいです。
お肉の冷蔵保存の目安は大体1か月以内です。
冷蔵・冷凍する場合はラップで包みなおして、ファスナーつきのパック
などに入れて保存し冷凍の場合でも1か月以内には使い切りましょう。

美味しいお肉の選び方!

ちなみにスーパーで美味しいお肉の選び方は肉の色が鮮やかで、つやのあるものを選びます。

パック入りは傾けて肉汁が出ているものは鮮度が落ちているので

肉汁が出ていないお肉を選ぶのが良いでしょう!

 
 

魚介類の栄養素について!

魚介類には良質なたんぱく質のほか、生活習慣病予防効果があります!!

EPA,DHAが血液を改善し、動脈硬化や血栓症を予防する効果も!!

特に青魚などにEPA,DHAが多く含まれています♪
 
 
 代表的な青魚は
 アジ、マイワシ、サバ、マグロ、サンマ、ブリなどなどです。
 お魚はヘモグロビンとミオグロミンの含有量で赤身魚と白身魚に分かれます。
 
 旬のお魚を食べる事をオススメします。
*旬の魚っていうのは 
産卵期前の体力を蓄えておく時期のお魚で赤身魚はあぶらがのっています。
白身魚はうまみ成分が増加している時期が旬です。
貝類の旬の時期はグリコーゲンが増えた時が旬になります!
 

新鮮で美味しいお魚・貝類の選び方!

パックに入ってるお魚はトレーにドリップが溜まっていないものを!!
白身魚の切り身は身に透明感のあるものが新鮮です♪
赤身魚は色に深みがあるものが新鮮ですよ!!
アサリやしじみなどの貝類の目利きのコツは
 口をしっかり閉じているもので揺するとサッと口を閉じるものが新鮮です♪
 
 買ってきたお魚を保存するときは・・・
まずお魚をよく洗いペーパーで水気を拭き取ります。 
そして”一切れずつ”ラップでつつんでください。
最後にチャックのパックに入れて冷凍保存しましょう♪
一尾魚の場合は腹わたを取ってよく洗って 
ペーパーで水気を拭き取ってから同じように保存します。
 
皆さんのお役に立ちましたでしょうか?? 
健康と料理オタクのブログを読んで下さりありがとうございます。
 
次回お楽しみに!
ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする