緑黄色野菜・穀類の栄養は?

野菜・穀類・イモ類の栄養素!

まずは野菜類!!穀類!!イモ類!の栄養成分について分かりやすく書いていきまーす
代表的なものから書きますと・・・
カロテンが豊富な食べ物は緑黄色野菜です!
ビタミンCの多い食べ物は淡色野菜です!
 
カロテンてなーに?ところてんか何かですか?
って”心の隅にでも思った方”にもどんな成分なのか説明したいと思う。
 
まずカロテンはところてんではありませんw
カロテン様は強い抗酸化作用を持っているので老化防止に
美肌・美髪・美爪を健康に保ってくれるとっても良い成分なんです。
そのカロテンが多く含まれているのが緑黄色野菜です。

代表的な緑黄色野菜たちは・・

オクラ・かぼちゃ・小松菜・さやいんげん・トマト

ニラ・にんじん・ブロッコリー・ほうれん草などの野菜たちです

緑黄色野菜の含まれているビタミンCは

しみのもとであるメラニン色素の合成を抑えてくれます。

免疫機能を高めてくれ、ストレスを軽減するとも言われています。

代表的な淡色野菜は・・・

かぶ・カリフラワー・キャベツ・きゅうり・大根・
玉ねぎ・ナス・白菜・レタス・れんこん、などです。
また野菜全般を選ぶときは色鮮やかなものでつやがあって重みのあるもの
を選ぶのがベストです。
旬の食品は栄養価が高く価格も手頃になりやすいのでおすすめです。
 
ちなみにキャベツのビタミンCは常温で2週間保存すると
約半分のビタミンCが失われるので早めに使いきることをオススメします♪
野菜は朝昼夜に分けて摂取しましょう!!
 
野菜はビタミンもミネラルも食物繊維もポリフェノールも身体には
欠かせない機能性成分が含まれてるし体の各働きを調節もしてくれるんです。
ただ野菜などの水溶性のビタミンは
加熱調理してしまうとほぼ失われてしまうんです・・・。
野菜の中でも水洗いによって流出する栄養分もあるので
調理時間を短縮したりアレンジしたり工夫してみてください。

穀類・イモ類の栄養素とは!?

ちなみにイモ類に含まれているビタミンCはデンプン質で守られているので
加熱調理しても損失が少ないです♪
イモ類の主成分は炭水化物でエネルギーの供給源としても重役割です!!
もちろん穀類もです♪
 
*ただ穀類や米や麦などは、ぬか層や表皮などに栄養分が多いので
 精米、精製されるほどビタミン、ミネラルは減っちゃいます
精白・精製された白米や食パンは食後の血糖値は高くなりやすいので
血糖値が気になる方は玄米や全粒粉のパンなどビタミン類や食物繊維を含む
ものをおすすめします♪
米はできれば栄養価が高い精白日の新しいものが栄養価も豊富でいいと思います♪
精白米は老化が割と早く進みやすいので大体目安は冬で約2か月程度です。
よかったら参考にしてみてください。

果物の栄養素とは?

くだものは水溶性の食物繊維が入ってます♪

その食物繊維のことをペクチンっていいます。

リンゴに多く含まれていてそのペクチンの沢山とりたくて
ャムを作ったりしたことあります。
 
果物に含まれているペクチンは整腸作用もあります!
血液の循環も良くなり、コレステロールも低下させる働きもあります。
皆さんもジャム作ってみてください。
色んなくだもので作るのも楽しいとおもいますヨ!
 

代表的なペクチンが豊富なくだものは

りんご・レモン・オレンジ・みかん・いちじく・ぶどう、などです
次回はお肉の主成分やお魚さんの栄養分について
分かりやすく説明しますっ!!!
 
色んな食べ物の栄養素が分かれば食生活も変わってくると思います。
食生活が改善されれば病気予防にもなります。
 
ぜひ実践してみてくださいね♪
今回も最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする