東洋医学・中医学の基本を分かりやすく説明します。

東洋医学とは??

東洋医学というのは日本が日本人の身体に合わせて作られた独自の漢方学のことです。

東洋医学は中医学、モンゴル医学、韓医学、ユナニー医学、チベット医学、シッダ医学

アーユルヴェーダ医学など日本の漢方医学も含め東洋地方の医学になります。

日本の漢方医学は様々な使い方があります。

例えば針やお灸でツボを刺激し不調を治す針灸や、食べ物で病気の予防、改善を行う食養

気功の元である導引、ツボや経絡を手でマッサージをする按摩などの種類があります。

漢方医学をマスターすれば体内からも体外からも毒素を追い出して養生へとつながります!

また東洋医学二千年前の古代中国から六百年程前に日本に渡り

日本人の身体に合うように独自でできた医学が漢方医学といいます。

ですが明治時代に医師免許が規則となったのですが国家資格に選ばれたのは

漢方医学ではなく西洋医学が採用され現代の病院はほぼ西洋医学からきています。

ですが近年の生活習慣病などの成人病も問題視され始めてきて

また東洋医学にも注目が出はじめてきているんです。

最近漢方が流行ってきているのはこういった原因から来ていると思います。

また東洋医学は自覚症状などから個人差の症状を重要視して

その人に合った治療法を調合し、針灸や食養、気功、按摩などの自然食材からの効能で

治療して改善へと導いていく1番健康的で日本人にあった医学だと思っています。

中医学と漢方医学の違い

日本の独自の文化で作られた漢方医学の診察、治療方法は

陰陽・虚実・気・血・水を基礎理論と個人差、進行度を判断して証をだして処方していく

診察方法で『隋証療法』という方法で治療をしていきます。

中医学も独自の理論を基づいてできた文化なのですが

猛スピードで進化を遂げようとし本来ならば発展過程の異なる針灸と湯液(漢方)

を強引に合体させて統一理論としてまとめ上げましたが多くの矛盾もあり

現段階では扱いも注意が必要なのが中医学です。

そんな二千年の歴史がある中医学の診察、治療方法は

問診・望診・耳診・切診の四つの診察をして八綱という陰陽・虚実・裏表・寒熱などの証

から分析をして治法や方剤を処方し治療していく『弁証論治』といいます。

また中医学は漢方医学と比べて1回の処方量も桁違いに多いのが特徴です。

中医学も漢方医学も大きくまとめると同じ東洋医学なんですがお互いに

長所も欠点もあり違いもあります。

ですが現代の病院では西洋医学がメインですが

漢方医学、中医学などといった東洋医学は副作用も少なく、冷え性や耳鳴り

しびれ、頭痛、免疫力UP、などは得意分野なのです。

再発しやすい喘息、膀胱炎、カンジタ炎、などは西洋医学でも治るのが早いですが

再発もしやすい疾患の予防にも東洋医学は得意としています。

また、妊娠中の妊婦さんが風邪や頭痛、めまい、吐き気などの疾患がでてきて

しまった時は市販品や化学物質の処方より自然の食材などの

効能から調合する東洋医学の方が赤ちゃんにも影響も与えにくくオススメです。

東洋医学の基本!五行。

五行説は古代中国の伝統的な理論でこの世界に存在するものすべてを

木・火・土・金・水にそれぞれ要素を区別し互いに助け合ったり、抑制したりする

運動法則を作ったものが五行説といいます。

水は木を育て木を摩擦すると火が起こります。

そして火が燃え尽きると灰になり土にかえります。

そして土のなかで金属が作られていき、金は温度によって水を浴びます。

これが相性関係といいます。

また水は火を消せます。火は金属も燃やしてしまいます

金属は木を切って倒せます。木は土の養分を吸い取って成長します。

土は堤防や壁を作り水の流れを止めれます。

これが相剋関係と言います。

じゃんけんみたいなものです。

パーはチョキに強くてチョキはグーに強くグーはパーに弱い。

こんな感じだと思ってくれれば覚えやすいとおもいます。

私は最初中々覚えれなかったので某ゲームの

モンスター達のそれぞれ属性の相性と照らし合わせながら考えていました。(笑)

この五行は人間の身体にも関係があります。

そのことも詳しく書いてきますね!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする