五行は人体にも関係性があります

五行は人体にも関係性があります。

五行とは『木・火・土・金・水』といった要素をそれぞれ当てはめていく五行説と言う

運動法則になります。

また『木・火・土・金・水』はお互いを助け合う相生関係とお互いに抑制関係という2種類の

関係性があり、人間の病や予防などの治療に役立つ法則になっています。

東洋医学では体内の大事な5つの臓器の事を

『肝』『心』『脾』『肺』『腎』の5つのことを五臓と呼んでいます。

そして中身が空洞状になっている5つ臓器の事を

『小腸』『大腸』『胆』『胃』『膀胱』の5つのことを五腑と言います。

それぞれ五臓と一対の関係性にあります。

五臓の脾は脾臓のことではなく膵臓のことを指しています。

そして身体の左を『腎』、右が生殖系統の『名門』という場所があります。

名門を1臓器と考える場合は胸腔や腹腔の全体『三焦』と呼びます。

この三焦も含めた場合は六蔵六腑と呼びます。

六蔵六腑は身体には欠かせない臓器のことを言います。

五行を五臓に区別する。

五行を五臓に当てはめていくと『木』は『肝、胆』で『火』は『心、小腸』

『土』は『胃、脾』、『金』は『肺、大腸』そして『水』は『腎、膀胱』という風に区別します。

これらを相生関係で説明していくと・・

木『肝』の働きは火『心』を補ってくれて火『心』は土『脾』を補ってくれます。

これは肝臓が元気な状態でいると顔色も良くなり心も元気になるということです。

今度は相剋関係を説明していくと・・

木『肝』が強まると土『脾』が弱まっていき、土『脾』が

抑制される側の水『腎』は強くなります。

これは玉突きの衝撃でが当たるほどに玉が弱くなっていくのと同じ原理とも言えます。

五行の種類!

五行は五臓や五腑以外にも色んなものがあります。

例えば春夏秋冬にも病気が悪化しやすい季節を表す五行があります。

『春』『夏』『土用』『秋』『冬』という『五季』があります。

土用というのは特に暑い真夏の事を土用と言います。

他にも身体の肌環境を表す五行もあります。

『青』『赤』『黄』『白』『黒』という『五色』があります。

後は病気になった時に出る味の好みがでる五行は『五味』と言い

すっぱい味の『酸』、苦い味の『苦』、甘い味の『甘』、からい味の『辛』、塩からい味の『鹹』(さん)の5つの味覚の事を五味と言います。

そして病気が表れやすくなる場所が『五竅』(ごきょう)といいます。

充血しやすくなる『目』、弱ると巻き舌になる『舌』、口内炎などが起こる『口』

鼻炎を起こしやすい『鼻』、肛門や生殖器などに失調が起こる『二陰』が五竅と言います。

東洋医学では様々な五行が存在します。

様々な自覚症状から正しく治療します。

五行を理解できていると様々な自覚症状から治療ができるようになっていきます。

風邪の症状からくる、喉の痛み、鼻水、鼻づまり、咳、痰、胃腸風邪も自覚症状があれば

漢方医学ですぐに改善できます。

他には喘息や食欲不振、胃もたれ、吐き気、胃痛、二日酔い、嘔吐、お腹の下し、便秘

痔、膀胱炎、カンジタ炎、頻尿、尿が出にくい、などの改善の効果も期待できます。

後は高血圧や低血圧、虚弱体質、糖尿病、肥満、花粉症、貧血、痩せすぎ体質、不眠症

むくみ、痛風、認知症予防、老化予防、精力減退、慢性疲労、多汗症にも効果が期待できます。

肩こりや腱鞘炎、腰痛、ぎっくり腰、関節リマウチ、神経痛、手足の痛み

冷え性、生理痛、不妊、流産、早産予防、更年期障害、妊娠中のつわり、抜け毛、白髪

めまい、耳鳴り、目の疲れ、精神の不安、うつ病、肌荒れ、皮膚炎、ガンの細胞の増加を抑制する

などの効果もあり、漢方には色んな病気や自覚症状が改善、予防効果があります。

これらの症状を東洋医学を覚えれば食事でもツボ押しでも改善の兆しが見えます。

くわしくゆっくり説明していきますね!

今回はこのへんで。

最後まで読んで頂きありがとうごさいました。

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする