目ぢからUP!!ナチュラルに目ヂカラをUPする方法♪目力メイク

目ぢからUP!!ナチュラルに目ヂカラをUPする方法♪目力メイク

ナチュラルに目ヂカラをUPする方法♪

今回は可愛くなりたい女子必見!!

ナチュラルメイクでも目ヂカラUPで可愛くなる方法を

いくつかご紹介していきます💕(^^)/

一重で腫れぼったいまぶたの方。

奥二重で目ヂカラがない方。

アイドルみたいな目ぢからに憧れている方。

整形並みにぱっちり二重になりたい方。

順番にそれぞれの改善方法を書いていきます💕

ここの管理人も奥二重なので改善方法を独自であみだしました♪

整形も悩みましたが・・動画みてから怖くてできません💧(笑)

同じ悩みを持ってる人のために改善方法書いていきます♡

腫れぼったい一重でも目ヂカラUPする方法。

腫れぼったい人はぱっちり二重に皆憧れると思います。

私も10代の頃はスーパー腫れぼったい一重でした。

親にも整形したいって言うくらいコンプレックスでした。

ですがマッサージやアイメイク方法を考えたり、

目ヂカラUPのトレーニングをしていたら段々癖がつき

スッピンで奥二重になりました!!( *´艸`)💗

そのマッサージ方法は

まず化粧水で肌を整えた後に乳液・保湿クリームを塗る時に

まぶたの上を押したら骨があるのですがそこを目頭から目尻にかけて指圧していきます。

強めに押すとゴリゴリしたものもある時がありますがそれを流す感じで!!

これを20回程繰り返してマッサージします。

次は目尻から指2つ分程離れたくぼみを指圧していきます。

通称は太陽と言うツボになります!(^^)!

これを毎日怠らないで続けるとむくみもとれて

だんだん二重の線がつきやすくなりますよ♪

奥二重でも目ぢからUPする方法。

奥二重の人は目ヂカラUPする方法はいっぱいあります💗

まずは一重の人ど同様マッサージ&目ヂカラUPトレーニングです♡

トレーニング方法は

まず正面を向いて目だけ右上をみて10秒キープ。

また正面に戻して今度は反対の左上を目だけで見て10秒キープ。

次は目を見開いて10回。眉毛を動かすような感じで!!

これを毎日時間がある時にすると目の筋肉が付き目ヂカラがUPします💗

このマッサージとトレーニングで結構メイクも化けやすくなります💗

整形並みのメイクで目ヂカラUPする方法!

整形並みに目ヂカラUPするには厚化粧すれば大体UPします。

ですがナチュラルで目ヂカラUPしたい方!!

ナチュラルメイクで目ヂカラUP方法はありますよー💗

まずは二重テープを使う方法です。

まぶたにラインをだしたい所にくいこませて二重を使うやり方です♡

芸能人の方もこのメイク方法をやっている方は多いです(^^♪

次はまつ毛エクステ。

まつ毛エクステでもカールの種類が最近は豊富です💗

一重や奥二重の方でもカールの種類、毛の濃さの種類を選べば

まぶたが持ち上がり二重になる人はとても多いです!(^^)!

モニターをやっているお店を選べばリーズナブルでできちゃいますよ♡

最後はカラーコンタクト💗

数年前まではカラコンのサークル部分(コンタクトの外周りの柄の事です)

が特徴のあるものが結構流行りましたよね✨(/・ω・)/

今は14mm程の大きさのカラーコンタクトが流行っています💗

芸能人やモデルさんなども今は程ナチュラルなカラーコンタクトを付けている方が多いです!

私はいつもこのサイト↓で安く買っています💗

種類も豊富ですし激安なのに惹かれて毎回ここですw

昔のカラーコンタクトは色が指でこすったら剥げたり

結膜炎になったりしやすいもの

発色が全然盛れないもの度ありカラコンが少ない

カラーコンタクトが多かったんですが今は付け心地もいいし

1Dayタイプのカラコンが沢山増えています(*^-^*)💗

目ヂカラUPにはカラーコンタクトがおすすめ💗

カラーコンタクトは本当にナチュラルメイクには欠かせません💗

すっぴんでもカラコンしていれば垢ぬけて見えますし

なにより目ヂカラキープできる優れものです♡(/・ω・)/

最近は度ありの商品も多いので眼科できちんと検査をうけて

自分の視力を把握しておけばネットでいつでも買えちゃいます💗

気になった方はこのサイトから飛んで見てみてくださいネ♪

人気&激安カラコンショップHOTEL LOVERS
盛れるカラコン・ナチュラルカラコン多数ご用意

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする