出不精とはどんな意味か知っていますか?それは怠け者の事です!!

こんにちは!

実は私恥ずかしながら外出が嫌いの出不精です。

出不精の意味をピンっとこない人のためにも分かりやすく説明しようと思います。

出不精とは?

出不精とは家に引きこもるのが大好きな人の事です。

例えば・・

できれば毎日ゲームをしていたい、家でゆっくりリラックスしてたい

何も考えたくない、毎日ボーーっとして生きていきたい。

人と関わって気を使うのが面倒くさい。

まず人間を含めて生き物自体好きじゃない。

自分にコンプレックスがある。

自分に自信がなくてネガティブ思考。

飽き性なので3日坊主じゃなく1日坊主。

運動が大嫌い、のほほ~んするのが大好き。

他人のことは別にどーでもいいので基本無関心。

毎日ちょっと動いただけで疲れる気分になる。

何十時間でも何時間でもベットで寝ていたい。

超お金持ちだったら家政婦雇いたいと思っている。

できる事なら誰かのヒモになって生きていきたい願望。

家事が面倒くさいと思う時がある。

自分の趣味、好きな事に没頭していたい。

一瞬欲しい物ができても時間が経てばさっきまでの物欲がもうない。

極力自分のお金、蓄えは使いたくないドケチ。

やらなければいけない事を期限ギリギリまでほったらかしてしまう。

ダイエットは明日から本気、またはダイエットは来世に期待している。

ちょっとした事ですぐ自分にご褒美をあげる。

犬か猫かと言えば猫より。

人に甘えるのが好きでわがままで自由人。

中二病の人。

これに4つ以上当てはまると出不精です!

1つでも当てはまれば出不精予備軍ですよ!

出不精はデブ症とイコールになってくる。

私は極度のインドア派で人間嫌いなんです。(笑)

外に出る時は基本人格が変わります。

なので外面はいい方だと自分で思っています。

ですが家に帰るともうリビングから動けなくなるくらい怠け者へ大変身します。

3時間はコタツから1歩も動かないなんてざらにあります。

でもそんな事を繰り返していると身体のエネルギー源が蓄積していき

脂肪へと変わって行き、プニプニのデブスに完成されていきます。

デブにはなりたくないですよね?!

家に籠ってがちになるとどんどん太っていってしまいます。

ムチムチの雪だるまの様な体系などになってしまうと

どんどん自分に自信もなくなっていき、過去の栄光にすがってしまったり

どんどん自分が嫌になりうつ状態や精神的不安に押しつぶされそうになり心をどんどん閉じてしまいます。

そんな出不精から一緒に抜け出したくありませんか??

出不精にならないためには!

出不精とはダイエットの天敵です!

出不精の方はまず、いつもの気だるさから抜け出す必要があります。

1つ!

自分磨きをしよう!

家に引きこもっていたらネットサーフィンする機会は多いと思います。

私はよくユーチュブを見てメイクの勉強や可愛いアイドルなどの

MVを見たりしてどんなメイクが男性ウケするのか毎日研究しています。

メイクの動画を見る様にすれば自然と一瞬でもやる気が出ると思います。

2つ目!

TVや雑誌にのっているグルメスポットや観光地スポットを調べよう!

雑誌やTVで良く温泉旅、世界遺産、観光スポット、B級グルメ

絶品グルメなど毎日どこかのチャンネルでやっていますし

雑誌にも書いている事も多いと思います!

自分が行きたいなと思ったら近場からまずせめていきましょう!

そうすれば外に出る機会も多くなっていきますし健康にも1歩近づきます。

3つ目

新しい趣味をみつけよう!

出不精とは家に引きこもってしまう人のことですが

新しい趣味、友達を遊ぶ!これも出不精から抜け出すいい方法だと思います。

疲れても友達と遊んでるときは楽しいものです。

パンケーキやカフェでお茶でも十分タラレバ話できると思います。

こういった事から初めて行きましょう!

出不精の人とはどんな人か分かりましたか?

今回は出不精とはどーいった方がなりやすいか

また出不精とはこんな風になると皆さん理解できたかなー?

出不精はデブ症とは違いますが出不精が改善されないままだと

どんどん太っていき、デブ症になってしまいます。

次回はどうやったら出不精からデブ症になってしまった人は

どうやって痩せればいいのかご紹介していこうと思います。

デブ菌を減らして痩せ菌を増やす【プレミアムスリムビオ】

最後まで読んでくださりありがとうございます。

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする