空腹の時に筋トレをすれば痩せれる?!

空腹時に筋トレをすると痩せる?

こんにちは。

皆ダイエット中に筋肉をつけようとして筋トレに励んでいる人も多いんではないでしょうか?

過剰なダイエットをしているとどうしても空腹との闘い時間も

必ずやってきますよね・・。

そんな空腹時に筋トレしても痩せないってご存知でしたか??

食べ過ぎで筋トレするのもよくありません。

どうやったら健康的に痩せれるのかご紹介していこうと思っています。

お腹がすいている時に筋トレはNG!!

まず空腹のときに筋トレをしても効果は全然ありません。

ダイエットどころか、筋肉さえしっかりついてくれません。

筋肉を作るには炭水化物を摂取して食後30分以内に筋トレを行うのが1番効果があるんです。

空腹時に筋トレを行うとどうなってしまうのか・・。

それは悲しいことにただ無駄に体力を使っているだけなんです!!

人間の身体は車と一緒でエネルギー源がないと身体の動き、働きが悪くなってしまいます。

人間に大切なエネルギー源は炭水化物です。

炭水化物の過剰な摂取は肥満になってしまう原因の1つですが

きちんと正しい筋トレをすると筋肉に変わりダイエットしたい方も

体力維持したい方にも適量の炭水化物は摂取した方がいいです。

空腹時はエネルギーが底をついてしまっている状態なので

そんな空腹時の状態で筋トレを行うと身体はエネルギーを

なんとか使おうとして元からある体内の筋肉を分解してでもエネルギーに変えようと細胞組織が働いてしまいます。

なので筋肉がつくどころか逆に筋肉が分解されてしまい筋肉が全然ついてくれなくなってしまうんです。

なので空腹時の筋トレは控えましょう!!

おすすめの筋トレ方法!

これまでの話で空腹時の筋トレは身体に負担をかけてしまい

かえって不健康になってしまうのは理解できたとおもいます。

1番筋肉がつきやすい方法をご紹介します!

まずは筋肉を作るために必要な炭水化物とタンパク質を摂取するために

赤身肉を摂取しましょう!

タンパク質が豊富な鶏肉ささみもおすすめです。

赤身肉の場合はステーキで食べるのが1番効果的です。

鶏ささみは電子レンジでチンするか、茹でてサラダと一緒に摂取するのが栄養分も逃げにくくおすすめの摂取方法です。

カロリーは1日3食で1500カロリーで抑えましょう。

食後の直ぐに有酸素運動は身体にも負担がかかってしまうので

20~30後くらいに筋トレ、有酸素運動を行いましょう。

そうすることで摂取したタンパク質や炭水化物が燃焼されていき

筋肉として生まれ変わってくれます。

ダイエットの方も同じ事をすれば体内に溜まった脂肪を燃焼させ

筋肉に変わりやすくなりデトックス効果も期待できますよ!

ダイエット中宇だからといって決して空腹時に筋トレをするのはやめましょう。

空腹を抑える裏技があります。

ダイエット中には空腹は付き物です。

空腹を抑えようとして筋トレをしてしまう人もいてると思います。

空腹を抑えたい人にはオススメの方法が2つあります。

1つ目、それは歯磨きすることです!!

空腹時に歯磨きをすると脳が勘違いをして食事がもう終わったと

思い込んでしまい空腹信号をストップするんです。

また空腹時の吐き気、むかつきもミント味の歯磨き粉で歯磨きを

すると口内がすっきりし吐き気、むかつきをなだめてくれます。

私もこの方法で良く空腹をごまかしていました。

そしてもう1つは1粒だけのビターチョコです。

ダイエットに甘いものは禁止にしている方はほぼ全員ではないでしょうか?

ですが甘いもの=脳の栄養分の糖分なんです。

空腹時に筋トレをするよりも1口チョコを食べれば必ず空腹は一旦は収まります。

脳が空腹の信号を伝えるのも体内のエネルギー減や糖分が欲しくなってお腹をならさせてうったえているんです。

そこでいつも通りにお菓子や食べ物を多く摂取してしまうと肥満になってしまいます。

ですが空腹を我慢しすぎてしまうと吐き気、めまいなどがでて集中力も落ちてしまいます。

なので1口の糖分を摂取すれば脳は満足してくれます。

なので空腹時に筋トレを行うよりは効率がいいと思います。

是非試してみてください。

今回は空腹時に筋トレは痩せるのか?!ご紹介しましたが

結論は体内の筋肉が分解されてしまいかえって筋肉が失われてしまい、

身体にも負担がかかってしまい健康維持どころか不健康になってしまうので空腹時に筋トレは控えましょう。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする