生姜力で冷え性改善!おすすめレシピも!

こんにちは。

この時期はほんっと毎日寒い!!

パソコン打っていても手がかじかみます。。

身体を温めようと思った時に1番に思いつく食材は生姜ですよね!

今回生姜の効能を書いていこうと思っています!

生姜は身体にめっちゃいい食材!

身体が冷えた時に私がよく飲んでいるのが生姜湯です。

 今空前の生姜ブームがきているのは知っていますか??

 実はブームは日本だけじゃなく欧米や中国、インドでも

 古くから様々な効果をもたらしてくれる素晴らしい食材として重用されているんです。

 全世界の人々に好まれているんです!

 

私が独自で勉強をしていた時に知ったことなんですが・・

実は様々な健康食品の7割に生姜が入っているんです!!!

生姜は欠かせない食材!

 *体を温め血行を良くしすべての臓器を活性化させる。

*体内の余分な体液などをデトックスしてくれる。

*免疫気力を高めてくれる

 など中国の古くからの歴史的な書物にもかかれています。

 さらに医師が様々な漢方を処方しているうちの7~8割には生姜の成分がはいっています!!

 

 世間で1番聞いたことがある漢方といえば・・

 『葛根湯』などがありますが生姜成分が入っています。

 生姜が入ってこその漢方ともいわれているくらい需要な役割をもっているんです。

 

冷えると様々な病気を引き起こすと言われています。。

例えば体が冷え心臓や血管の血行がわるくなると

腫瘍や脳梗塞、動脈硬化や心筋梗塞になるリスクが高くなります

 

他に『体の関節がいたい』『お腹が張っている』『気分がのらない』

なども冷え性からくる血行の悪さからくる場合もあります。

 

ひどくなってきますと。。

うつ病や不眠症、慢性疲労症候群などに陥ってしまいます

 冷え性はあなどってはいけません。

 

冷えのサインは

下肢静脈瘤や赤ら顔、便が黒く匂いがきつい、手足の冷えなどの

症状が体が冷えている証拠になります。

 生姜にこれらを改善し、健康に導いてくれる効果があります。

 

そこで!!

おすすめの生姜の飲み方を紹介しちゃいます!

生姜のオススメ飲み方!

 まず1つ目は『紅茶生姜』です。

紅茶にすりおろした生姜を適量加えるだけ

(市販のチューブのすりおろし生姜でも構いません)

 

紅茶と生姜の香りがとってもいい匂いでお茶タイムにはおすすめです。

 

 2つ目は『はちみつ入り生姜湯』です。 

これは結構メジャーよりではないでしょうか?

マグカップにお湯を注ぎ生姜とはちみつをお好みで加えてまぜまぜ・・♪

 風邪予防にも◎ですよ!(私は生姜もはちみつも大体小さじ1程度いれています)

 

3つ目は『ココア生姜』です。

これはまず生姜って体にいいのは分かるけど苦手って方におすすめですね♪

作り方はいたって簡単!!

 

マグカップにお好みのココアとホットミルクを注ぎます。

(ホットミルク作るのが面倒ならココアお湯でも大丈夫です)

そこにすりおろした生姜を小さじ1杯いれます♪

こんな入れてもココアの味が勝って全然生姜の味やピリツキ感はないです。

本当に普通のココア飲んでる感じと変わらないですよ♪♪

生姜が苦手な冷え性さんは是非試してみてください♪

色んな料理の上から生姜をかけるのも◎! 

生姜料理といえばしょうがやきですね!

 普通は大体、醤油大さじ2.5杯 みりん大さじ1杯 砂糖大さじ1杯 

生姜適量を15~20分ほど漬け込み焼いた

 片栗粉をまぶしたお肉を焼いた後にたれを絡ませて焼いたりですが

生姜はこの時点で栄養成分が減ってきてしまっているんです。

生姜は高温の熱に強い方ですが栄養成分は減っていきます。

 

生姜は50~60度の状態が一番生姜の効果がえられます。

なので炒めているあいだに電子レンジに大さじ1の生姜と大さじ2の水を

混ぜてラップをし500wで40秒ほど温めてください。

その生姜を上からかければ完成です!!

 

電子レンジで40秒で50度程度の温生姜は

生姜焼きだけじゃなくどんな料理も上からかけて◎です!

 

コツとしては生姜は必ず最後にかける!!それだけでいいんです。

 

それが一番生姜の栄養成分が失われない方法です

 身体も温まりますし栄養分も失われないので健康にとてもいいと思いますよ♪

 試していただけたら嬉しいです!

 

今回も最後までよんで頂きありがとうございます!

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする