認知症予防&生活の見直し

 

うちの母親はたまにボケています。 

いつまでも健康でいてほしいので食生活のことや病気の事などなど・・・
むかしに勉強したことを今日はうち目線で書こうかな
 
 老化が進むと昔より小食になりますよね。
うちの母親は60代なんですが20代の私より食が細いです。
ですが痩せて小食になると脳に栄養が届かなくなって認知症の
発症のリスクがたかまっちゃうんです。
 
認知症には基本的に大きく分けて2種類ありまして
 *脳梗塞や脳出血が原因の脳血管障害型!!
 *脳に神経細胞が減少するアルツハイマー型!!の2種類があるんです
 
1つ分かったことは十分にバランスのとれた食事をしなければ脳に必要な
栄養不可欠なビタミンやアミノ酸なども不足し脳梗塞や脳出血や
心筋梗塞などを患ってしまうんです!!

大きな病を予防するには食事バランス!

お魚さん、お肉さん、大豆さんなどとにかくたんぱく質!!
いっぱいとることをこころがけてください。
うちは毎日主菜・副菜・汁物の栄養バランスのいい食事を考えて毎日作っています!
 
大体主食はお魚さん中心です。あとは野菜もたっぷり!
 オリーブオイルで自家製ドレッシング作ってみたり・・
フルーツやナッツ類オリーブオイルをなども一緒に食べると
認知症のリスクを減らすそうです。
母親はナッツ類は昔から好きで今も食べてます。
 
近年ではココナッツに含まれる中鎖脂肪酸がケトン体になって
脳の栄養不足の改善にめちゃめちゃ良いみたいです!
糖質を減らした脂肪中心のケトン食おすすめです。
 
ちなみにケトン体っていうのは脂肪が燃焼すると         
肝臓さんが働いて脳に送ってくれるエネルギー源をケトン体といいます

抗菌作用のある食べ物を意識してとりましょう!

神経細胞や脳の血管も活性酸素によるダメージがかかるから
抗酸化作用をもつビタミンC,Eやβ-カロテン、ポリフェノールもおすすめです
例えば・・緑黄色野菜ですね!!!
にんじん・ブロッコリー・ほうれん草・大根などです
 
アラキドン酸やEPA,DHAもビタミンB群も神経細胞の栄養分として
人間の身体のは必要不可欠な栄養分です!
アラキドン酸は肉や卵、魚などの動物性の脂肪に含まれてます。
 
それと毎日朝昼晩三食食べる事も重要になります。
そのため体内時計が食事にも関係があるんです!!
朝ちゃんと起きて朝食を食べて胃、肝臓など抹消の臓器も
朝ですよ~って刺激を受け全身に伝わって体内時計も朝になります!
食欲がなくてだるくても食べることが大事です!!
 
1日二食や一食など不規則な生活リズム続けると体内が夜か朝なのか
分からなくなってしまい時差ボケのような体調不良を招き
肥満や生活習慣病のリスクも増えてしまいます。
わたしはこの症状をナマケモノって呼んでます←(笑)
 
夜は間食せず腹八分目、何も食べない時間も十分に空けて朝の決めた時刻に
起きて朝食をしっかりとることが健康への第一歩やとうちは思います!!
 
食事は上のほうにも書いた通りに栄養バランスがとれていないと
病気にもなっちゃうしなまけちゃうしダメダメです。
肥満&病気予防には夕食はPM6:00までにすましましょう!
 
PM6時以降に食事をしてしまうと体内で栄養分や脂質などが蓄積していき
体内の脂肪になっていきやすくなります。
 
もちろん間食もやめましょう!
胃が大きくなってしまい肥満になる原因になります。
これらを徹底的に実行していきましょう!
 
なので晩御飯はPM6:00までにすませましょうね!
 
大事なことは2回書く主義にしていきます(笑)
 
 
 今回も最後まで読んでくださりありがとうございます。
これから毎日更新していきますのでよろしくお願いいたします!!
ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする