チョコで疲れを取る効果的な食べ方!

チョコの疲れを取る効果的な食べ方!

こんにちは!

毎日の激務で心身共に疲れている人は多いんじゃないでしょうか?

疲れている時ほど甘い物を食べたくなりますよね。

甘いものと言えばチョコレート!

今回はチョコの効能を理解して1番効果がある食べ方をご紹介します。

疲れている時ほどチョコが食べたくなる現象

疲れている時ほど米ものが食べたくなります。

私も普段は甘いものはそこまで好みませんが疲れが出てる時は

やっぱりチョコレートを食べたら気分が落ち着きます!

まず疲れている時に甘いものがほしくなるのは何でなのか知っていますか?

人間の脳のエネルギー源は糖分なんです。

なので疲れが出たときにチョコレートを食べると脳が活性化し

集中力が上がり精神も安定します。

またチョコレートに含まれるカカオアンチエイジング効果もあって

女性にはうれしい効能が沢山入っています。

食べすぎは良くありませんがちょっとした時に食べるようにしましょう。

 

過剰な糖質制限は精神が不安定になります。

最近ダイエット番組や雑誌でもカロリー制限より糖質制限が痩せる!

ってよく言われていますよね!

ですが脳にとっては大事な栄養分の糖質が極端に摂取量が減ると

集中力も下がり、記憶力も低下していき頭の働きが悪くなってしまいます。

糖質制限ダイエットで1番多い症状がイライラしたり情緒不安定にもなりやすく

諦めてしまった時の暴飲暴食でリバウンドしやすいことです。

脳は糖分が欲しくなると神経に欲しい欲しいと命令します。

命令に逆らえば逆らうほどに欲求もどんどん大きくなり精神が不安定に陥りやすいです。

糖質ダイエット中に甘いものはダメだ!

って思っている方がいるかも知れませんが実はチョコレートはダイエットにも効果があるんです。

チョコはビターチョコを選びましょう。

チョコの疲れを取る効果的な食べ方に1番いいチョコレートは

カカオが多く入っている物が1番疲れやアンチエイジング、ダイエットにも効果があります。

わたしはどーしても疲れている時はミルクチョコを好んでいましたが

実はミルクチョコレートにはお砂糖や牛乳といった余計な物まで多く入っていて

過剰な糖分を摂取してしまい血糖値の上昇や高血圧のリスクも上がってしまい

ダイエット効果どころか糖質が脂質に変わってしまい太ってしまいます。

最近のチョコレートは色んな種類の商品が多くてどれも美味しいですが

ビタチョコか1番カカオの成分が多くてダイエットにも協力的です。

チョコは1日約50gまでにしましょう!

チョコの疲れを取る効果的な食べ方で1番大事な事は摂取量。

チョコレートはダイエットにも効果的とさきほど言いましたが

チョコレート自体はいくらビターチョコレートでも高カロリー食品です。

糖分はチョコレート以外の食べ物・飲み物にも存在しているので

1日チョコしか食べないのであれば板チョコ1枚分は摂取しても問題はありません。

ですがチョコレート1枚だけじゃ空腹には耐えられません。

なので1日3食食べている方は板チョコの2/3枚程度が1日の摂取量なのでそれ以上は太る・血糖値が上がると思っておいてください。

チョコでダイエット効果!

チョコの疲れを取る効果的な食べ方以外にもダイエットにも効果があります。

ダイエットには空腹との戦いもつきものですよね・・。

空腹が続くと集中力も下がり仕事にも支障がだやすくなってしまいます。

そんな時にビターチョコレートを1欠片だけ食べましょう!

そーすることで脳は少しの糖分でも満足し空腹信号も一旦やめてくれます。

ですがたべ過ぎると脳を甘やかしてしまいしょっちゅう空腹信号を

だしてワガママになってしまいますので

少量しか食べない事!がチョコで疲れも空腹も取る効果的な食べ方です。

少量のチョコレートを分けて食べるのが1番効果的な食べ方です。

少しずつチョコを食べることで集中力も記憶力下がりにくくなり

脳がちゃんと仕事をしてくれやすいですよ。

【チョコレート 詰め合わせ】 ファンシーチョコレート 80個入【ホワイトデー Whiteday ひな祭り 卒園・卒業 送別会 謝恩会 退職 入園・入学 新生活 イースター 出産内祝い 子ども会 パーティ イベント セット メリーチョコレート】

是非おためしあれ!

今回はこのへんで。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする