冷えからアトピー&喘息になります。

冷えからアトピー&喘息になる!

身体を冷やすという事は色んな病気を発症させます。

人間は一定の体温を保つ事で免疫力も働きます。

一定の体温が保たれなければ細胞は壊死し免疫力も下がります。

体内の免疫力は37度ほどの環境じゃなければ正常に働いてくれません。

身体が冷え体内の基礎温度も下がってしまうと免疫力細胞は温度を上げる事に

集中しすぎてエネルギーを使い果たしてしまいます。

体内の温度が1度でも下がってしまうと人間は免疫力も下がってしまうんです。

冷たいものを摂取し続けると腸内環境も冷えていき大腸菌の悪玉菌が増え

ウィルスなどが白血球に移動していき色んな場所に細菌感染してしまいます。

コップ一杯の冷えた水を飲んでも五分後には腸まで行き届き冷やしてしまいます。

そして直接的に冷やされてしまった腸内はダメージを受けてしまい

免疫力も下がり白血球も汚染されて体内に巡り皮下組織や器官などの酸素や栄養を奪い

アトピー性皮膚炎や喘息などの発症を巻き起こしてしまいます。

冷たいジュースは卒業しよう!

冷たいジュースが飲みたいときはコンビニや自動販売機や家の冷蔵庫

などすぐ手に届く環境にいる以上中々卒業は難しいかもしれません。

私は昔暑いのが苦手でずっと冷凍庫で凍らせた氷をストレス発散感覚で

ボリボリ食べていました。

でもそういった行いをすると腸内が冷え生活習慣病の病のリスクや

肌の炎症、アレルギー、花粉症の発生率が上がることがわかってからは

脱冷たいもの生活!をし今では飲み物はいつも常温保存しています。

寒い時期にわざわざ冷蔵庫で冷やしたものをまた体内に入れ

身体は冷やしたらせっかく温まった身体がかわいそうです。

外出先でも冷えた飲み物しかない場合は常温になるまで飲まないよに

いつも心がけております。

暑い日は誘惑に負けてしまう時もありますがなるべく身体を冷やす

飲み物は飲まないようにしましょう!

白湯ダイエットはご存知ですか?

最近芸能人のかたやモデルさんなどがいつも朝はスムージー

夜は白湯を飲んでから寝ます!っといった方が多いと聞きます。

白湯は身体も温めてくれますし、温かい飲み物は心身共に癒してくれます。

白湯は毎日寝る前に飲むことで体も温まりお通じが良くなるとも

女性雑誌などのファッション雑誌などにもかいてありました。

本当にその通りだと思います。

白湯でも温かいコーヒーでも構いませんが腸内を温めることによって

血行も良くなり老廃物のデトックスにも効果がありお肌の改善にも効果が期待できます。

そして理想は1日に白湯を1リットル飲むことを心がけましょう!

アイスクリームは身体に悪影響しかない!

アイスクリームは暑い日に食べたら本当に美味しいですよね!

ですがキンキンに冷えたアイスクリームを体内にいれ腸内で37度に

溶かすまで免疫力細胞はかなりのエネルギーを使ってしまうんです。

アイスクリームが好きで毎日食べるのが辞められない人は

毎日腸内の負担をかけ寿命を削り続けていることになります。

さらに大量にアイスクリームを摂取すると腸内の免疫細胞が溶かす事に

集中してしまい、溶かしている間に悪玉菌などの細菌は白血球に移動し

体内の様々なところに細菌をばらまき風邪やアトピー喘息などを巻き起こします。

またアイスクリームは糖分も多く含まれているため

糖分が血液の中でぶどう糖へと変わり脳に運んでいきます。

ぶどう糖が大量に脳にいってしまうと糖分中毒になります。

幸せホルモンが大量に出てそれを抑えるためにアドレナリンが多く分泌され

集中力の低下や甘いものがまた欲しくなるといった症状になります。

甘いもの中毒になると血糖値もあがり糖尿病になります。

ひどい方の場合はうつ病や結失調症などの精神の病の引き金にもなります。

アイスクリームは美味しいですが量を控え

身体にすごく負担がかかっていることは理解しておきましょう!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます!

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする