花粉症が起きる仕組み!

花粉症が発症するしくみ!

外に毎日出ているといきなり目がかゆくなってショボショボしたり

鼻みずが止まらずティッシュが手放せなくなったりするのが花粉症の一般的な症状ですよね。

花粉症が発症してしまうと毎日辛くなってしまいますよね。

花粉症が発症するまでにはある程度の準備期間があって準備が終わってから

花粉症を発症するしくみになっています。

その準備期間の準備は呼吸をしている時に色んな花粉も入ってくる中で

体内がアレルギー反応を起こしてしまうことからはじまっていき細胞の中の防衛機能が

アレルギー反応の抗体細胞を作り鼻みずや涙になってヒスタミンが排出されて

かゆみ・くしゃみなどを引き起こしアレルギー反応を起こすんです。

この抗体細胞が花粉を感知するとアレルギー反応がでます。

花粉が体内に侵入してきたときにヒスタミンを出し白血球も駆けつけやすくし

血管の壁を透過性を高めたり拡張したりする効果もあり、その効果が鼻粘膜や

目の粘膜内で起こり鼻みずや目のかゆみなどになりアレルギー反応がでます。

ヒスタミンは神経も刺激するのでくしゃみも引き起こしやすくなります。

これが花粉症が起こるメカニズムなんです!

喘息と花粉症

花粉症でもかかる人とかからない人がいますよね。

遺伝が原因とも言われていますが他にも原因はあると思います。

例えば震災や戦争などがあった国や場所では花粉症やアレルギーなどの症状は

少なくなると言われています。

実は過激なストレスや緊張感を身体が感じ取るとアドレナリンが分泌されて

ヒスタミンの分泌が抑えられます。

アレルギー反応は免疫機能だけではなく自律神経の影響も受けやすい物質なんです。

また喘息の場合はダニのやハウスダストの影響で喘息になってしまう方も多いと思います。

喘息が起こる原因は器官のヒスタミンの抗体が分泌し、器官の筋肉を縮めてしまい

呼吸する道をふさいでしまうことでゼェー、ゼェーと発作のような

呼吸困難になる喘息が起こります。

また喘息の場合は空気に触れやすい器官のアレルギー反応なので

子供や大人の口呼吸をしてしまう方は特に発症しやすい疾患になります。

アレルギーには種類があります。

アレルギー反応には様々な種類があるのはご存知でしょうか?

代表的なアレルギー反応は花粉症、喘息、食物アレルギーがすぐ思いつきます。

こういった症状が出る原因は免疫システムが過剰に異物を体外へ追い出そうとし

そのときに分泌される物質によってアレルギー反応がでてしまうんです。

また身体のかぶれや蕁麻疹と花粉症は同じアレルギー反応でも違いがあります。

花粉症は花粉が入ってから1時間以内でアレルギー反応を起こしてしまう

即時型アレルギーと蕁麻疹やかぶれなどは潜伏機関があるため

2~3日で発症する遅延型アレルギーと言います。

あとは血液型不適合のアレルギー反応、重症筋無力症、関節リマウチ

アナフィラキシー反応、自己免疫疾患など様々なアレルギー症状があります。

その中で1番やっかいなのがアナフィラキシーショック反応です。

アナフィラキシーは発症すると蕁麻疹や喘息の時よりも過剰に免疫機能が

異物を追い出そうとし体内がショック状態にまで陥ってしまい、

呼吸困難や死に至るケースもあります。

アナフィラキシー反応がでた場合はすぐに飲み込んでしまった異物を

吐き出すことが1番手っ取り早いです。

異物をずっと体内のにあると腸内洗浄の処置がいる場合もあり人体がかなり危険な状態

になることもあります。

私の母親はそばアレルギーで誤って蕎麦を中華麺と間違えて食べてしまい

アナフィラキシーショック反応がでたことがあります。

命に別状はありませんでしたが呼吸困難になり救急車に運ばれ大変だったのは

今でも鮮明におぼえています。

ちょっと話がそれてしまいましたがアレルギー反応にはこれらの

様々な症状がありそのアレルギー反応に合った処置をするのが大切です。

今回はこのへんでしめさせていただきます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする