【DV・虐待】暴力を振るう人の心理・特徴!!回避する方法!!

【DV・虐待】暴力を振るう人の心理・特徴!!回避する方法!!

【DV・虐待】暴力を振るう人

DV暴力を振るう人とは誰も付き合いたくはないですよね。。

付き合ってみて『この人いい人だな』『この人なら尽くしてくれそう』とか

思って付き合ってしばらくすると暴言や暴力を振るう本性がでてきたりすることも十分にあります!!

付き合ってる時は優しかったのに結婚したら豹変して今までの優しい異性とはかけ離れた

暴力を振るう人間になってしまい辛い思いをしてしまう人も意外と多いものです。

私も過去にそんな男と出会ってしまった事があります。

若さゆえに異性の見る目がなかったのかもしれません・・。

1番身近にいた男(父)自体も暴力者だったので見る目がなかったんだなと今では思いますw

見る目がなかった私が暴力を振るう男やヒモ男・口だけ男など色んなジャンルのクズ

付き合ってきたので今はどんな奴がどんな心理で暴力やヒモになったり口だけになったり

するのか大体わかるようになりました。

なのでその中でダントツで多い『暴力を振るう人』の特徴や出会ってしまった時の

回避方法・対策方法をご紹介していきます。

まずは『暴力を振るう人』の特徴を書いていきます。

【DV・虐待】暴力を振るう人の心理・特徴!!

『外面が以上に良い人』

外面がビックリするほど優しい人って魅力的だと思います。

でも優しいのはあくまで外面がいいだけの可能性があります。

よくOLさんでも外食ではお皿に皆の分取り分けたり家庭的オーラをだしている人がいますが

家に帰ればガサツでなにもできなかたりする人が居ます。

その原理と一緒で外面が良い人ほど闇を抱えている人も多いことを覚えておきましょう。

『バリバリの仕事人間』

仕事一筋で稼いでいる異性は魅力的に映りますよね。

でもよく考えてみてください。

仕事を一筋の人は火遊びは経験あっても恋愛に関しては不器用な人間が多いのです。

しかも仕事ばかりしてきた人は恋愛ブランクもあり愛情表現が下手だったりします。

なので嫉妬や不満・寂しさなどの表現も苦手なので暴力に変わってしまう事も多いです。

また仕事熱心だとその不満を相手にぶつけてストレス発散してしまうパターンもあるので

いくら経済力的魅力があっても気を付けましょう。

『極度の寂しがり屋』

寂しがりな男性は母性本能をくすぐる魅力がありますね。

最初は良いかもしれませんが次第に仕事や友達・他の事を優先すると『もっと相手してほしい』

っと言う願望から女々しい男性へ進化することがあります。

それでもかまってくれないと『俺はこんなに愛してるのに』と暴力を振るってしまいがちです

なので自立精神がある人の方が何十倍もいい男ですよ。

『自己主張が強い人』

自己主張が強い人は男らしさがあって魅力的に最初は思うかもしれませんね。

でも自己主張が強い人は自分の思い通りにならないと不満が溜まります。

悪く言えばわがままな5歳児みたいなものです。

人の意見に耳をかさないので暴力を振るっても『自分は悪くない』『お前が悪い』

と思うので中々タチのわるい暴力者になる可能性があるので気を付けましょう。

【DV・虐待】暴力を振るう人を回避する方法!!

自分の好きな人や彼氏・彼女・妻・旦那が暴力を振るう人だった場合

ショックは大きいでしょうが治す事は難しいかもしれませんね・・。

話し合えば前の優しかった人に戻ってくれる・・💗

なんてそんな現実あまくないんですよね。

まず相手が暴力を振るうようになった原因『貴女との環境』もあります。

暴力を振るう人ももちろん悪いですがそうさせてしまったあなたにも問題がある場合があります。

何でもいう事は聞いていませんか??

自分の意見も言わずに相手に何でも合わせすぎていませんか??

暴力を振るう人は振るわれる人の事をナメてるパターンがあります。

よく犬でも自分が主人なのにいう事を聞かなくなり噛まれたりすることもありますよね。

要は暴力を振るっても相手は逃げないってナメられているんですよ。

なので好きで離れられない気持ちも分かりますが一旦1カ月でも距離を置きましょう。

相手は距離を置くことに反対は100%してくるので何も言わずに距離を置くことをすすめます。

実家でもいいです!理由を言いちゃんとかくまってもらいましょう。

ランキングに参加していますので 良かったらポチ!してください(*^-^*)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする